過払い金返還通知書が届いたら

取引履歴を無事に手に入れて引き直し計算をした結果、過払い金があったらなるべく早めに請求の手続きをしましょう。今までのは請求をするための準備段階で、ここからが本番です。


まず、やらなければいけないのが過払い金返還請求通知書の発送です。もしミスがあれば修正するのに手間がかかって大変なので発送前に計算ミスが無いかきちんと確認しましょう。過払い金返還請求でポイントになるのは、過払い金の元本に金利をつけた金額を載せておくことです。

また、過払い金返還請求通知書を送る際は計算書を一緒に入れ、配達記録郵便を使いましょう。送る前にコピーを取っておくことも忘れないにしましょう。
過払い金返還請求通知書をどこに送るかというと、大手貸金業者の場合はホームページに載っている対応窓口に書かれている住所に送っておきましょう。送り先が載っていない場合は、これまで窓口となっていた支店では対応してくれない場合があるので、本社の債権管理部門宛てに送りましょう。

もし、送り先が不明な場合は支店と債権管理部門の2ヶ所に送っておいた方が確実です。
さらに、貸金業者が合併して社名が変わっているなどで、自分が請求すべき貸金業者が分からない場合は追いきれない場合があるので、過払い金を専門とした弁護士や司法書士に相談しましょう。

取引履歴開示の請求までは定型文を送るだけなので、ほとんどの方が出来ますが、今後の貸金業者とのやりとりが発生するところから難しい場面が出てきます。手に負えないと思ったら弁護士や司法書士に相談しましょう。過払い金を専門としている弁護士事務所や司法書士事務所では相談を無料でやっているところがたくさんあるので上手に積極的に活用しましょう。