多重債務

残念なことに、過払い金を請求する人の多くは、複数のクレジットカード会社のキャッシングサービスを利用し続けている、多重債務者である可能性が高く、その点は法律に詳しい弁護士なども、再三指摘している点であるという風にも、聞いたことがあります。どのクレジットカード会社で借りたのかもわからなくなるほど、複数のクレジットカード会社からお金を借り続けてしまうということは、デメリットばかりでメリットはほとんどなくなってしまい、クレジットカードという、現金にはない甘みを生かすことはなくなってしまうということなのです。カード会社の立場に立ってみれば、長い間、複数のクレジットカード会社から借り続けるということは、ひとつのクレジットカード会社に関心が向くことが少なくなるため、過払い金があったとしても、請求はしてこないだろうという風に、安心してしまう材料にもなるわけです。その上、毎月少しずつ、地道に返済がされるので、非常に良いお客になってしまっている、可能性はあるわけです。確かに、借りる側と、借りられる側という立場に置いて、借りる側の方が弱い立場になってしまうのは当然のことで、カード会社から100万円払ってくださいという風に言われれば、それに有無を言わず従わざるを得なくなってしまう、ということは言えるかもしれません。しかし、お金の貸し借りというのは対等な関係において成立するというのが現代の塔前の常識であるということを改めて理解しておくことが重要でしょう。一般的に言えるのは、返済が遅れずコツコツと真面目に返しているような人ほど、過払い金がたまっているということはよく言えるでしょうし、過払い金を何度も払い続けているような人のコラムなどにも、そんなような話が乗っていたように記憶していますから、早めに請求するということが求められる状況になってきていると言えなくもないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です