破産について

一般的に、借金に困った人が頼りがちなのが「破産」であるということは、テレビドラマのでも語られることが多いことから、多くの人が認識しているようにも感じられます。破産というものは、手続きがうまく通りさえすれば、全ての借金がチャラになってしまい、一切の返済をしなくてもよくなってしまう、と言う部分にメリットがあるという風に言われるかもしれません。テレビの情報やインターネットの情報などでは、破産をした結果、大きなデメリットが生じるということが声高に叫ばれており、破産をするとカードが作れなくなるとか結婚ができなくなるなどという風にデマに等しいような情報が流されていることもあるわけです。しかし、現代では多くの人が破産を申請しており、その数は1年あたり数十万人にも及んでいるため、特定されることは現代ではこんなんになっているという風に言えるかもしれません。破産するなどした結果、会社を辞めざるを得なくなってしまったなどというようなケースがあるという風にも言われていますが、特殊な職業でない限りはこのようなケースにも当てはまりません。破産の宣告を受けることで、利用できなくなるものは確かにあり、国家的な資格を持つような職に就くことはできなくなってしまいます。また、市役所など地方自治体などに置かれる名簿などに登録があることから、本人以外が閲覧できるようになってしまうのではないかという風に不安感を覚える方もいるかもしれませんが、本人でしかこの名簿を見ることはできないため、結果的には情報が守られているという風に言えるかもしれません。その他、5年以上の間は住宅ローンなどが利用できなくなると金融機関のブラックリストに登録されるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です