消費者金融との向き合いかた

借金整理を進めていく上でとにかく重要になっていくのが、消費者金融が指定した金利などで返済をしたり、利息を決めたりしてはいけないということです。一般的に言われているように、借り入れをしないというふうに決めた時点で利息を払わなくていいわけですからこのような事実を知らない人の多くは高い利息を払い続けてしまっている事実があるわけです。近年、話題になることの多いグレーゾーン金利などと言われるものこの注意に含まれているという風に言えるでしょう。利息制限法の上限に当たるような利率ギリギリのところをグレーゾーンと設定して、借りる人からできるだけ利息の金利をとっていくという形式を取るところは、消費者金融のビジネスの一つとして考えられているわけです。しかし、このグレーゾーンに当たる部分というものは返して欲しいということを正しい形を持って申請さえすることができるならば、きちんと返してもらえると言うことでもあるというわけです。基本的には、この部分は法律に基づいて返還を請求できるわけです。当然のことながら自分自身の借金が全て終わっているという状況であるならば、グレーゾーンの部分を返してくださいという風に会社側に伝えることによって裁判などになった場合にはほとんどの金融業者などからは、借りることができなくなってしまうということなわけです。しかし、一切の借金をし終えて返済の段階に入っている状況においては、会社も強く出ることができませんから、グレーゾーンの部分に該当する金額を返済することによって有利に返済を計画を立てるということも可能なわけですから、知っておくと便利だと言えるでしょう。借金がいくらあるのか、ということをまず調べて、その上でグレーゾーン金利と自分自身の借金を相殺できる部分を探すということは、とにかく重要になってきているという現状を考えれば、 知識を持った人に相談をするなどしていくらまで払うべきなのかということを、客観的な目でよく考えることが求められているのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です