法律、最高裁判所は借り手側の味方

消費者金融業者から過払い金を取り戻すことは、今や借り手・利用者側の当然の権利と言ってもよいのではないでしょうか。過払い金の返還について、法律や最高裁判所も、ほぼほぼ味方になってくれると思ってよいと思います。

業者が過払い金の支払いを拒絶することは、不可能な状況となっています。法律も最高裁判所も過払い金返還請求権は借り手側の権利だと認めている形と言ってよいでしょう。

過払い金が発生する仕組みと、その回収方法を勉強し、正々堂々と業者から過払い金を取り戻しましょう。

消費者金融業各社も、すでに自分たちが最終的には過払い金の支払義務を拒絶することはできないことを知っています。

ですから、弁護士に借り手側が依頼して請求をしてきた場合には、業者側も「どうせ裁判になったら負けるんだから」と考えて、支払金額を何割か減少させて、過払い金を返してくれるケースがあります。

しかし、借り手本人が自ら、消費者金融業者に対して過払い金の返還交渉を行うと、業者はなかなか過払い金を変換してくれないようです。

業者は、借り手本人が相手の場合、「どうせ借り主本人では、裁判なんて起こせないだろうから、あきらめるまで待ってればいい」とか「借りたヤツは、法律をよく分かってないだろうから、うまく言いくるめてしまおう」と考えているためです。

ひどい場合は、過払い金の返還をしないばっかりか、支払う義務のない借金の請求をしてくる業者すらあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です